なんだか、大変だ

ADDだけど頑張って生きる

心療内科に行って泣かされた

中学生の頃から私はADHDなのかもしれないと思っていた。

だが当時ADHDに関する詳しい情報はあまり出回っていなく、また多動性がほぼ見られなかった(自覚がないだけかもしれないが)ため、思い過ごしなのかもしれないと思っていた。

しかし!この間バイトで大きいミスをしてしまい、かなり落ち込んでしまった。

「何でこんなミスを自分はしてしまうんだろう」

と悶々としながらネットで、同じようなことで悩んでいる人はいないのかと検索し回っていたら、

ADHD」というワードにかぶち当たった。

最初は

「あー懐かしいな、これ。中学生のころ調べまくってた単語だわー」

ぐらいに思っていたが、心理学の進歩はすごかった。

この10年ぐらいで分かってきたことが沢山あってそれが中々思い当たる。

中学生の頃引っ掛かっていた注意欠陥だけだということも、

私みたいにそれだけの症状の人も結構いるらしく

「これは確定だわ!」

「私ADDだわ!」

ということで心療内科に初めて行ってきた。

で泣いた。

医者→赤字

「発達生涯って単体で症状が出ることはないんだけどなー。

大抵アスペルガーとかLDを併発しているのが普通なんだけど。」

へーそうなんすか。私はADHDの中でもADDだけなんですがね。

「中学に入ったときは周りに友達がいない状況だったので友達作りに苦労しました」

「あークラスから浮いてたわけね」

は!?(゚д゚)いや今思うとそうかもしれないですけど?それあなたが言っちゃうんですか?

極め付けは、私が心理学専攻の大学4年生だと知って

発達障害は性格なんだから治らないんだし。

自分のことを知ることが大事なんだよ。

これからちゃんと勉強して。」

してますけど!!何その言い方!!

あと、私をアスペルガーだと診断したいのか

「友達いた?」とか

「学校行ってないときあった?」とか

「会話できてる?」とか

そんな感じの質問ばっかされたし

全体的に「協調性ある?」とか「頑固?」とか

自分のことを客観的に判断して答えろ系の質問ばっかで

ぶっちゃけ「どうなんでしょう」ぐらいの歯切れの悪い答え方しかできない。

心理学専攻の私から言わせてもらうと

ふっ。カウンセリングがなってねーな。

って感じ(精神科医だからカウンセリング専門の職業じゃないけどね)

今は冗談言える感じだけどその時は色々先生に言われて

精神的に辛くなってお会計のときに泣いた(笑)

うーん。先が思いやられる!