なんだか、大変だ

ADDだけど頑張って生きる

直感は正しい

頭のおかしい友達は好きですか?の続きを書いていたらPCがフリーズして全部消えちゃって

もう嫌になったのでまた今度書きまーす←

ということでちょっと前のブログに「自分の成長について書いていけたらいいな」

みたいなことを言っていたのに直後に大学生の頃の辛い話を書いていてバカヤローって思ったので

今回軌道修正します(笑)

この4月から仕事をしてみて、やっぱり集団で働く仕事は向いてないなと感じました。

コミュニケーションが取れないとかじゃないけど(むしろ人と話すのは好きだよ)

気配りが苦手で、

自分のこともしながら、一緒に働くメンバーのことも考えて動くっていうのが出来なくて迷惑をかけちゃうし、

やっぱりミスが多いから相手をイラつかせてしまい、私に対して上司とかが困っている場面を見ると

「あー早く私が辞めないとー」

って思っちゃう。

あと常識がないんだよね私に。

自分ではあると思っているけど「すっかり忘れてた」とか「気づかなかった」とかで

自分でも自分の行動にびっくりすることがある。

今までは笑って許されてたけど今はそうはいかない。

会社って規則に沿って(常識ある行動が求められる)、集団行動をしていく場じゃないですか。

つまり

向いてないよね、会社員

ていう結論に至る。

けっこう前に「私は会社員に向かないから就活が上手くいかないんだ」

っていう記事を書いたけど(語弊を招きまくる記事なので速攻非公開にした)

そこで私の小さいときの将来の夢が「会社員以外になることだった」って書きました。

なぜそんなことを思っていたかっていうと

「毎日同じ場所に行って、毎日同じ人たちと作業して、学校の延長線みたいな生活なんてしたくない」

からなんですが…

そう思っていたのは小学生ぐらいだったと記憶している。小さいのにけっこう鋭い。

しかも未来の自分はその様な要因で躓いているので正しくもある。

小学生ぐらいのときの私は「自分は変わっていて、刺激があまりない生活は向いていない」と気づいていたんじゃないかと思う。

いやーほんと、直感は正しいなと思いますよー

自分のやりたいこと、してみたいこと、嫌な事を考えれば自ずと道は開けると思うんです(謎の教祖感)

が、やっぱり世間体を気にする、普通になりたい、皆と同じことをするのが楽

っていう理由から大学入学あたりから完全に自分のことはほっておいて皆と同じがいい一心で

就活をしてきましたが、

結果

失敗したと思います。

就活が失敗とかじゃなく、就活をしたこと自体が失敗だった気がします。

就活を始めたのはまだいいけど失敗続きだったくせに正社員とか皆が内定もらっているから

って考えに固執して就職活動をしました。

よく周りが見えないって言うけどそのときは自分が見えてませんでした。

周りの目を気にして自分の特性とか気持ちとか考えないようにしながら

皆と同じように就活をしていました。

今冷静になって考えれば、

就活をするのを止めて、好きなアルバイトを始めて、そこから将来に繋げるってこともできたのにって思います。

私、本当に普通になりたかったんです

多数決をとったら多数のほうにいつもいたかったし、

平均でいたかったし、

皆と同じことがしたいし…

でも私普通じゃないんですよね。

平凡とか安定とかつまらないこと大嫌いです。

だから私はもう普通になりたいなんて思いません。

ふっきれました。

ゆくゆくは横文字の「なんとかクリエイター」とかになりたいです。

いやもう、そんなのもいらないから職業に名前とかつかないような変わっている仕事とかがいいです。

自分の名前で仕事をしていく人になりたい。

なんらかの…なんか、作る系で…←おい

そう、前も書いたけど方向性は決まったのに何がしたいのかまったく分かってないんですよ。

まーどっちにしろ変人が世に羽ばたきます。

こうご期待