なんだか、大変だ

ADDだけど頑張って生きる

頭のおかしい友達は好きですか?

Twitterか何かで

「就活を失敗すると友を失い、教授からの信頼は無くなる…」

という内容のツイートを見て頭を全力で縦に振ったことがある。

就活をあまりしていない人とか

「就活は自分の人生を良い意味で変えたわー」

とか言うこっちからすると一周回ってあぶねーやつは

「教授からの信頼はまだ分かるけど、友達と就活は関係ないだろ」

と思うかもしれない。

だが関係あるのだ。大いに!!!!!

ということで今回は就活を失敗したことによる友達の反応とその後の関係について語ります(笑)

まず大学在学時の話ですが、

就活に失敗していると友達に会おうする気が起きない

この理由は分かりやすくて、

「懇談会の話とかされたり、内定出たときの話されると分からないし、なにより皆に気を使わせちゃうな」

と思うわけです。

でも実際は就活の終盤に差し掛かると誰も就活をやっていない為に話の話題に就活が出てこないという

悲しいんだか、有り難いんだかよく分からない現象が起きておりますので案外大丈夫です泣

大丈夫っちゃー大丈夫なんですがいざ会うとこんなことが起こります。

次のページです。(ちょっとしくじり先生みたいになってきた)

友達に引かれる

就活が上手くいっていないことを伝えると私の友人たちはすごく驚きました。

そのとき心の中で

いやいやいやいや、こっちが驚きだわ!何驚いてんだよ、あほか!

って言ってました(笑)

私は思いのほか普通の人間でちょっとおっちょこちょいぐらいだと思われていたのか

はたまた周りの人は就活なんてお茶の子さいさいで皆できるものだと思っていたのでしょうか。

こちらとしては

「え?私が普通に就職できると思ってた?嘘でしょ?こんなに変人なのに?こんなに何もできないのに?学生時代特に何もせず引きこもってアイドルずっと追いかけてきたこと皆知ってるのに?」

と逆に驚いていたんですよ。

と、共に「私ってそんなにやばいのかな?」って自分のことが心配になってくるし

「引いたってことは私のことヤバイ奴認定したかな?(心の)距離取られたかな?」

って不安になるわけです。

でも実際は自分が気にしているほど周りは気にしてないです。

一部を除いては!!!!!

厄介なはの地元の友達じゃい!!!

ここからが本題ぜーーーー

今までは序章にすぎないのさ、はっはっは!!!!

ということで本題に入りたいのですが、なんか疲れたので、次回に続くことにします。

では。